【スポンサーリンク】

中国人が最も多い韓国の都市で「新型肺炎感染者ゼロ」 その要因に驚きの声が

 中国メディア・海外網によると、新型コロナウイルスの感染者が急増している韓国で、中国人が最も多く住んでいる都市・京畿道安山市で感染者が1人も出ていないことが報じられ、大きな反響を呼んでいる。

 

 記事によると、同市の元谷洞で生活する外国人8万7000人のうち、中国人が66%の5万8000人を占めているが、感染者が1人も出ていないという。5000人を超える新型ウイルス感染者を出す韓国国内では驚きの状況だ。

 

 同市で感染者が出ていない要因として、現地のウイルス拡散防止措置が奏功していると説明。現地では市場やバス停など公共スペースの防疫作業を重点的に継続しているほか、英語、中国語、ロシア語、ベトナム語など多言語の伝染病予防マニュアルを作成し、マスクとともに外国人居住者に配布したと紹介している。

f:id:imp0201:20200210172530j:plain

 韓国のネット上では、「基本的なことをきっちりやっていることを評価したい。あと、多言語での伝染病予防マニュアルは盲点というか驚きだった。こういう細かなところへの気配りは他の都市も見習うべきではないか」、「韓国に住んでいる中国人が悪いわけではない。感染防止に向けてきっちり対策をすれば防げることを証明している」と称賛の書き込みが目立った。