【スポンサーリンク】

線路内に自転車投げ込んだ疑いで逮捕 容疑否認した男の言葉に怒りの声が

 愛知県知立市で名鉄の線路内に自転車を投げ入れたとして、知立市の会社員、安里隆秀容疑者(30)が電汽車往来危険未遂の疑いで逮捕された。

 

 メディア報道によると、安里容疑者は先月27日午前5時すぎ、知立市の名鉄名古屋本線の線路内に自転車を投げ入れたという。自転車は名鉄「牛田駅」の横にある市営駐輪場に止めてあった別の人のもので、電車の運行に支障はなかった。

f:id:imp0201:20190921114646j:plain

 安里容疑者が警察に調べに対し「覚えていない」と容疑を否認していることに、ネット上では、「まだ容疑を否認しているとは言え、ふざけている!最終的にたっぷり損害賠償を払うことになるよな…」、「社会人のくせに都合の悪い事が有ると『覚えていな』か。容疑否認ばかり続けていると罪が重くなるぞ。正直に吐け!名古屋鉄道に対してきちんと損害賠償しろよ」など怒りの声が。「犯罪を覚えてないって言う人を世に出したらだめでしょ。こうゆう輩の罪を立証出来たら罪の大小にかかわらず全て極刑にして下さい」と厳罰を望む書き込みも少なかった。