【スポンサーリンク】

下着盗もうと家に侵入し、女性殴って逮捕 被害者の落ち度を指摘する声が

 18日午前3時ごろ、愛知県豊橋市の集合住宅の一室に侵入して住人の女性(22)の顔を殴ったとして豊橋市の会社員 高柳智広容疑者(39)が逮捕された。メディア報道によると、高橋容疑者は女性宅に侵入して室内に干してあった下着を盗もうとしたが、女性に見つかると、顔を数回殴って逃げた。女性は顔にケガを負う軽傷。事件当時、部屋の玄関の鍵は施錠されていなかったという。

 

 ネット上では、「住人いるのに盗みに入るとか頭おかしいな」、「こんなニュースばかり見てると、世の中性欲バカばかりで呆れる」と犯人への憤りの書き込みが多いが、女性が無施錠だったことについて警鐘を鳴らす意見も。「女性が無施錠で寝てては不用心です、これはいけません」、「犯人が悪いのはもちろんだけど、防犯には気をつけないと。レイプや殺人になったら取り返しがつかない」と指摘の声があった。 

f:id:imp0201:20190616214354j:plain

 一歩間違えれば命を落とす事件に巻き込まれる危険性があった。不審者の侵入を未然に防ぐためにも帰宅時の施錠は必ずしなければいけない。