【スポンサーリンク】

20代女性にわいせつ行為 23歳男の「登山家みたいな供述」に大きな反響が

 東京・小平市の駅から1日に帰宅途中の20代の女性を尾行して後ろから抱きついて引き倒したうえ、胸や下半身を触るなどのわいせつ行為をしたとして、会社員の斎藤俊容疑者(23)が強制わいせつ傷害の疑いで逮捕された。同様の事件が周辺で5件起きていることから、警視庁は余罪を捜査している。

f:id:imp0201:20191217104949j:plain

 ネット上では、斎藤容疑者が「スカートの女性がいたので、触りたい気持ちになった」と供述したことに大きな反響が。「スカートの女性を見ただけでこの行為に及ぶなら、普通に生きていくのは難しいのでは。再犯の可能性は高いと思う。今回以上の犯行になるかも知れない。出さないでと言っても出てくるでしょうから。何らかの手段と対策を考えないと危ないですね」、「女性がスカート身に付けてくれなくなる、考えた発言しろ、それが出来たら犯罪行為はしてないか、人生終わったな。女性軽視の人間は重罪にして欲しい」、「登山家みたいなこと言うな」などの書き込みが。被害に遭った女性は想像を絶する恐怖を味わっただろう。卑劣な犯罪は絶対に許されない。