【スポンサーリンク】

特定の女性を盗撮目的でトイレにカメラ設置した男の「処罰」に驚きの声が 

 鹿児島市は11日、市庁舎内で盗撮をしたとして同市下福元町の食肉衛生検査所に勤める主任の男性(35)を懲戒免職にしたことを発表した。

 

 メディア報道によると、男性は今年3月、庁舎内の女子トイレにカメラを設置して盗撮したとして、先月25日に鹿児島県不安防止条例違反で鹿児島簡裁に在宅起訴され、同27日付で罰金20万円の略式命令を受けた。別の職員がカメラを見つけて県警に相談したところ、男性は「特定の女性職員を盗撮する目的だった」と設置したことを認めたという。

f:id:imp0201:20200527064508j:plain

 ネット上では、「このような軽い罰則では減るはずもありません。いずれは脅して呼び出したかもしれませんし、売って儲けていたかもしれません。厳罰化が望まれます」、「課長の名前は良いから本人の名前出すべきだ。特定の女性って自白するとは、恐いな。罰金20万と懲戒免職で済むのか。被害に遭った職員は、恐いでしょ」、「これですむんだから減るわけがない。日本は世界一の盗撮大国これからもどんどん増えるのは間違いない」など処罰が軽いという怒りの声が目立った。