【スポンサーリンク】

なぜ?妊娠中の女性に平手打ちした男性警官に「同情の声」が

 愛媛県松山市内で昨年12月、男女間のトラブルの通報を受けて駆けつけた愛媛県警松山東署地域課の男性巡査部長が、当時妊娠していた30歳代の女性に平手打ちの暴行を加えていた一件が大きな反響を呼んでいる。

 

 メディア報道によると、昨年12月に女性が知人男性の自宅マンション周辺でトラブルとなり、110番通報した。巡査部長ら警察官2人は、マンション駐車場で興奮していた女性を制止させる際に首に手を回すなどし、さらに頬を1回平手打ちしたという。女性は署や県警に相談し、2人と上司が今月、女性に謝罪した。

f:id:imp0201:20200123110558j:plain

 ネット上では、「口頭だけでなんとかしようとしてどうにもならずトラブル同士のどっちかがどっちかを刺したりでもしたら 警察は何をやっていたのだと言われるはず。ビンタをした事で最悪の状態にならずに済んだのかもしれない。何をやっても叩かれる。警察がかわいそうだ」、「興奮時やパニック時には普通に話しかけても通用しない場合があります。妊娠していたかは本人にしか分からない事で、常識を超えたパニック状況の方の行動に対して仕方ない判断で行った対応だと思う」と巡査部長に対して同情的な見方が多い。また、「興奮したり暴れたりする人を抑える為に力を使うのは当然だと思う。でも、妊婦さんだけど顔だからセーフって言う話ではないし、そもそも妊婦さんとか関係なく、行き過ぎた行為は警察官だからといってダメだとも思う。状況判断が難しいもんですね」と指摘する意見も見られた。