【スポンサーリンク】

女子中学生3人とみだらな行為で逮捕 無職男が渡した金額に驚きの声が

 県警少年捜査課と海老名署は24日、横浜市港南区港南4丁目、無職の男(30)を児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕した。

 

 メディア報道によると、男は昨年2月3日午後、いずれも海老名市在住で14歳の中学2年の女子生徒3人に市内のホテルでみだらな行為をして、2人の裸の写真を携帯電話で撮影してパソコンに保存したという。

 

 ネット上で驚きの声が上がったのは、無職の男が女子生徒たちにそれぞれ現金6万円を渡していたことだった。コメント欄には、「それぞれ現金6万円ってことは合計18万円払ったってこと?無職の男が?そこまでして女子中学生がいいのか」、「無職の割にはカネを持っているな」、「6万円ってすごいな。無職でしょ?どうやって資金を回していたのだろう。よからぬ形で得たお金の気がする」などの書き込みが。

f:id:imp0201:20190921105225j:plain

 また、「男は論外だが、女子中学生たちが被害者面するのもどうかと思う。未成年だから、親同伴で厳重注意、厳しい指導はあってもいいと思う。でなければ、またやりますよ」、「最近の子は貞操観念がどうなっているの?そんな安売りしていいの?もう売った方も買った方も罰は必要だよね。ここまできたら」など被害に遭った女子生徒、保護者にも処罰の必要性を訴える意見が目立った。