【スポンサーリンク】

自転車で初のあおり運転容疑 逮捕された「ひょっこり男」の職業に大きな反響が

 自転車で対向車線の車の前に飛び出すなどの「あおり運転」をしたとして、埼玉県警は26日、同県桶川市寿、パート従業員の男(33)を道路交通法違反(あおり運転)容疑で再逮捕した。6月施行の改正道交法で創設された「あおり運転(妨害運転)罪」を自転車の走行に適用し、逮捕するのは全国で初めてだという。

 

 メディア報道によると、男は今月5日午後2時5分頃、桶川市の市道を自転車で走行中に対向車線を走っていた車の前に飛び出すなどの危険行為をして車の通行を妨害した疑い。男はこれまでも同様の危険運転を繰り返していたとみられ、地域住民から「ひょっこり男」などと呼ばれていた。

 

 昨年9月と10月には自転車で車の前に飛び出し、急ブレーキをかけさせたなどとして暴行と傷害容疑で逮捕され、有罪判決を受けており、執行猶予中の今月5日にも自転車の蛇行運転を注意した男性の胸ぐらをつかんだとして暴行容疑で逮捕されていた。

 

 ネット上では、「ひょっこりとか書いてあるけれど、車が驚いて、歩道にいる人とかを轢く可能性がある、極めて悪質な案件だと思う。ひょっこりとかそんな可愛いもんじゃないので真面目に厳罰にしてほしい」、「映像みたけど、車を運転している方がこいつを避けようとして、急ハンドル切って、事故を起こす可能性があるよ。それで誰かが巻き込まれて亡くなってしまう事だって考えられるんだから、刑が軽いのはかなりの問題」など怒りの声が。

f:id:imp0201:20200908115037j:plain

 また、「33でパートか‥守るものが何もないから好き勝手できるんだろうな。こういう輩は世間に逆恨みしてもっと大きな犯罪を犯しそうで怖い」、「パートで働いている人間として肩身が狭いし、こいつのせいでそういう目で見られるのが本当に迷惑」など男の職業にも反響が見られた。