【スポンサーリンク】

新型コロナ感染 市川市の20代男性の「ある行動」に、大きな反響が

 千葉県は21日、市川市に住む20代男性会社員が新型コロナウイルスに感染したと確認したことを発表した。

 

 県によると、男性は14日微熱やせきの症状が出たために。15日に車で県内の病院を受診。症状が改善しなかったためその後も市川市内の二つの診療所を自転車で訪れ、検査の結果、20日に陽性と判明した。男性は現在37度台の発熱やせき、頭痛の症状があり、自宅療養中だという。

 

 男性は県外の会社に電車で通勤し、デスクワークに従事していたという。13日に職場の同僚9人と夕食を共にして、14日からは自宅待機している。発症前2週間以内の海外渡航歴がなく、感染者との接触も確認されていない。男性の行動をたどると感染ルートが不明なために、ネット上では大きな反響が。「このケースを重要視して対策を練るべき。発表からして電車での通勤時か、職場内か、前日の飲食会か、前日の飲食なら発症が早すぎないか。マスクは論外。いずれ、すべて気を付けろでは、意味がないからもっと絞り込んだ対策をみんなが取りたいと思うのが今の議論だろう」、「このケースが怖いのです。市中感染。県外に勤務って、どこですか?どうして、通勤路線を公表しないのか?公表したら、心当たりある人も症状でたとき判断しやすくなりますよね。入国感染者はなんとか捕まえられるが市中感染を防ぐには、国民みんなの協力が必要になります。新型コロナがただの風邪になるときまで仕方ないが辛抱して生活するしかない」などの意見が見られた。

f:id:imp0201:20191128070727j:plain

 また、「私も疲労感が3日~4日続き、その後の数日間軽い頭痛がするので、頭痛薬を飲んでいましたが、もしかしたら熱が出ているかもしれないと思い、体温計で熱を計ると38度5分程出ていました。市販の熱冷まし薬のお陰で、病院へも行くこと無く、今は治っています。普通の風邪かインフルエンザか中国ウイルスかは分かりませんが、私と同じ様な人は、日本国内に多く存在していると思います」というコメントも。新型コロナウイル薄の陽性が確認された場合に行動確認で個人情報をどこまで公表するかを含め、政府や自治体の対応策を見直す必要があるかもしれない。