【スポンサーリンク】

震災後閉鎖の海水浴場で高校生死亡 「自己責任論」で被害者責める声に反論も

 3日正午過ぎごろ、震災後閉鎖されている宮城県亘理町の海水浴場で男子高校生(17)が溺れ、搬送先の病院で死亡が確認された。メディア報道によると、「一緒に遊んでいた友人が海から上がってこない」と警察に通報があった。消防などが救助にあたり、通報から約40分後に男子高校生を救助したが、2時間後に搬送先の仙台市内の病院で息を引き取った。男子高校生は、友人3人と海水浴をしていたという。荒浜海水浴場は、震災の影響で閉鎖されたままになっていて遊泳禁止となっていた。

 

 ネット上では、亡くなった男子高校生が遊泳禁止区域で泳いでいたことから、「遊泳禁止のところで泳いでいたのなら自己責任は免れませんね。禁止には禁止するだけの危険な理由があります。それがわからない年齢ではないと思います」、「赤信号で横断すれば轢かれるように食べてはいけないものを食べれば激痛に襲われるように入ってはいけない場所に入れば身の危険がありますと、こんな事言わなければ分からないのでしょうか?」、「17にもなって禁止事項も守れないならどのみちどこかで事故ってますよ」と批判的な書き込みが多い。

f:id:imp0201:20190528170120j:plain

 一方で、自己責任論に異を唱える声も。「自己責任…かぁ。突き詰めていけばそうなるとはアタシも思う。…けどさぁ。亡くなった子が『将来に社会ルールを破り秩序を乱していたに違いないから、死んでも止むなし』みたいな論調のコメントが存外に多い事の方が気味が悪いな…アタシは。閉鎖されていた海水浴場で遊泳していた事に、過失が無いとは思わない。17才であれば、判断能力もあったと思う。けど、台風が接近する中に海に入った訳でも無く、また、本人が助かり、捜索隊の方が亡くなったと言う訳でも無いのに…『自己責任。死んでも止むなし』と言い放ってしまうネットのこの状態が気味悪い。亡くなった子に過失はあったのでしょう。けど、この子は自らの命で、この子が犯した過失に対しては過分過ぎる程の償いをした訳でしょ?死んで止むなしなんてアタシは言えない。教訓として刻む事は必要だけど、アタシは亡くなった子の冥福だけを祈ります」、「みんな、自己責任、自己責任、気持ち悪い。そんなに立派に貴方達は高校時代を生きてきたの?誰にも迷惑かけないで生きていたの?子供が海に行こうぜって普通に海の近くに住んでいたらなるし、あなた達は地元じゃないから知らないかもだけど、元々海水浴場で震災後海開きしてないの。だから、何で遊泳禁止になっているかわからない状況で、昔泳いでいた事があったりすると感覚的には普通のことなの。悪いことなのはその子達だってわかっているけど、若い頃なんていきがるものでしょ?今、たぶん一緒に行った子達が苦しんで一番わかっているよ、自分達がこんなとことしなければよかったって。貴方達に言われなくても。人が亡くなっているのに悲しめない貴方が気持ち悪い。神にでもなったつもり?貴方達が正義なの?本当に気持ち悪いよ」などの指摘が。男子高校生のご冥福を祈るばかりだ。