【スポンサーリンク】

NGT加藤美南を脅迫した容疑者逮捕も…所属事務所と加藤に批判殺到

 NGT48の加藤美南(20)に対してSNSのDMを通じ脅迫した容疑者が先日逮捕されたことを、所属事務所のAKSが公式サイトで20日に報告した。


 公式サイトの中で、「当社所属のNGT48加藤美南に対し、SNSのDM(ダイレクトメール)を通じて危害を加える等のメッセージが送られていたことに関しまして、従前より警視庁に被害の相談をしておりましたが、過日、容疑者が逮捕されましたことをご報告いたします」と発表。「他のNGT48メンバーに対するSNSやインターネット上における脅迫、誹謗中傷につきましても、現在、警視庁へ随時ご相談をさせていただいております」と説明した。また、「所属メンバーに対しては、SNS等における、脅迫、誹謗中傷の書込みやメッセージが送られてきており、メンバーの安全が脅かされ、精神的にも傷ついている状況でございます。当社としましては引き続き、この様な脅迫、誹謗中傷に対して、刑事・民事を問わず、厳正に対処してまいります」と綴った。

 

 脅迫行為は許されることではない。ただ、ネット上では運営サイドや加藤に対して批判的な書き込みが大半を占めている。「脅迫はれっきとした犯罪行為であり、逮捕されるのは当然のことである。ただ、なぜ山口さんの時も同じ対応を運営はしなかったのか?こういう事をするから、NGTの評価がどんどん下がっていくんだよね」、「もちろん、危害を加える等の脅迫は良くないです。ですが、それでも微妙と感じてしまうのは事務所の姿勢でしょうか。所属メンバーを守るのは普通の事務所であれば、当たり前の対応ですよね。ですので『さすがASK!対応早い!』とは思いません。この当然の対応を、荻野さんや加藤さんに対しては素早く出来るのに、なぜ、それを山口さんのときにはしなかった(実際、襲われているのに事実の隠蔽だったり、否定だったり、攻撃だったり)のでしょうか。このグループ関連の記事が上がる度に、山口さんへのひどすぎる対応がどうしても過ぎってしまいますね」など元メンバーの山口真帆が暴行事件の被害を受けた際の対応の違いを指摘する意見が多い。

f:id:imp0201:20190810190103j:plain

 また、「加藤のインスタ発言に憤慨してって動機だとしても脅迫は良くない。でも、どうしてこういう事件が起こるのか、運営と加藤は真摯に考えるべき。ファンの神経を逆撫でする様な発言をしていたんだとしたら、元を辿ればこの事件は発言した人が起こしたものって考える事も出来るし、今回の加害者はある意味、被害者。表現の自由はあるけど自由には責任が伴うものだし、ファンの神経を逆撫でした責任はあるのに、そんなので被害者面しても同情なんか集まらないと思う。新たな被害者を生まない為にも加藤は辞めた方がいい。新潟の問題はファンだけのみならず社会に与えた影響も大きいし、謹慎しただけで済む様な事ではないでしょ。新潟も解散した方がいい」と加藤の脱退やグループの解散を求める声も少なくない。信頼回復にはまだまだ時間がかかりそうだ。