【スポンサーリンク】

女性11人にわいせつ容疑で逮捕 男の供述に、「更生不可能」と怒りの声が

 千葉県内で女性11人にわいせつな行為などをしたとして、鎌ケ谷署と千葉県警捜査1課などは9日、船橋市丸山2、無職、鉞田勇太容疑者(42)を強制わいせつの疑いで逮捕、送検したことを発表した。

 

 メディア報道によると、鉞田容疑者は14年2月から今年1月まで、鎌ケ谷市や船橋市、松戸市で県内に住む10~20代の女性11人にわいせつな行為などをした疑い。今年1月に防犯カメラの映像などから浮上した容疑者を逮捕。夜に1人で歩いている女性に対し、背後から近づき抱き付いたり、口をふさいだりして襲う手口だった。警察の取り調べに対し、「性的欲求を発散するため」と容疑を認めているという。

f:id:imp0201:20191120201520j:plain

 ネット上では、鉞田容疑者の供述に大きな反響が。「性的欲求を発散するためとか頭がおかしい。理性という言葉がないのだろうか。こういう人間は再犯の可能性が極めて高いと思う」、「犯人の供述にあ然とした。更生は不可能でしょう。被害者が心身で深い傷を負ったことを考えて極刑を望みます」、「こんな供述している奴は救いようがない。感情論でなく、世の中にもう一度出せばまた女性が危ない目に遭う。性犯罪は去勢とか真剣に考えた方がいいと思う」など法改正を含めた厳罰を望む意見が多かった。