【スポンサーリンク】

女子児童にいかがわしい行為で逮捕 男と知り合った「意外な場所」に驚きの声が

 公園で知り合った10代の女子小学生と住宅でいかがわしい行為をしたとして、北海道旭川市の自称・とび職の20歳の男が強制性交等の疑いで逮捕された事件が大きな反響を呼んでいる。

 

 男は1月17日ごろ、旭川市内の住宅で13歳未満と知りながら旭川市内に住む10代の女子児童といかがわしい行為をした疑い。2月下旬、女子児童の母親が警察に相談し、事件が発覚した。調べに対し男は容疑を認めているという。

 

 大手メディア報道によると、男は女の子と昨年秋ごろに旭川市内の公園で知り合い面識があったという。ネット上では、「子供には『知らない人には絶対に付いていかないで!!』と指導しているけど、これからは『知っている人でも絶対に付いていかないで!!』と指導するしか方法はないですね」、「子供は2、3度目会ったら知ってる人に変わるって聞いたことがある。知らない人について行かないという教育も変えて行かないとね。実際、友達のお父さんやお母さんでも信用してはならないような教育をしないとこういう事件は無くならないかな。ちょっと寂しい気もするけど、こういう輩を野放しにできる法律が悪いから仕方が無い」など子供を持つ親からコメントが。

f:id:imp0201:20200622171848j:plain

 また、「本気で再犯、再発対策しないといけないような二度と出すなってあまり現実的ではないし、地域で対策取らないと子供が危ない。再犯は有期刑で出てきちゃうから対策がすぐにはできないが、再発は、地域で協力してなんとかできそうだが、公園利用者をコロナに託けて限定した住所に住む人だけに利用パス配るとかにすればいい」という提言も見られた。