【スポンサーリンク】

大阪小6女児誘拐 伊藤容疑者と別の女子中学生の「奇妙な関係」指摘の声が

 大阪市の小6女児を誘拐したとして栃木県小山市、伊藤仁士容疑者(35)が未成年者誘拐容疑で逮捕された事件で、茨城県警は24日、保護された同県在住の女子中学生(15)を捜していた県警の捜査員が今年7月、伊藤容疑者宅を訪れていたことを明らかにした。

 

 メディア報道によると、女子中学生の家族は6月に行方不明者届を提出。県警は部屋に残された電話番号のメモなどから伊藤容疑者宅を特定し、捜査員4人で訪問した。その際、伊藤容疑者は「心当たりはない」と説明。家の中を捜したが女子中学生は見つからず、衣服なども確認できなかったという。

 

 この報道にネット上では、「電話番号が唯一の証拠。警察は追い詰めて起きながら、その後の張り込みなどが必要だったと思う。その時点で逮捕が出来たら、今回の事件は防げたはず。今回、小学生の勇気有る行動がなければ、迷宮入りしていたかも判らない、恐ろしい事件だったと思う。警察はしっかりと事件の検証と反省をして欲しい」、「後出しで警察を批判するのは簡単です。他にも指摘されている方がいらっしゃいますが、日々多くの事件を解決するために警察の人員も限られていますし、権限も限られています」など様々な反響があった。

f:id:imp0201:20191120201520j:plain

 一方で、「ますます犯人と先に居た子の関係がわからなくなりますね。ただの監禁ならば何かしら痕跡はあるだろうし。地下室とか普通では見つけられない隠し部屋があるのならばわかるけど全く見つけられないとは余程警察の目が曇っていたのか、隠すのが徹底されていたのか。訪問されてから隠すには時間かかるでしょうし。大阪の少女迎えに行っている間に何かしら行動は取れたかもしれないし···。何なんだろう?」、「女子中学生は抵抗できない心理状況に追い込まれていたのかな。犯人の行動が悪質であることには変わらない。でも、この奇妙な関係は詳細に調べる必要はあると思う。無理矢理さらった誘拐なのか、女子中学生は家に戻りたいと思わなかったのかとか。家族もいるし報道する必要はないのかもしれないけど、いずれにせよ小6の子と一緒に考えてはいけないと思う」と指摘の声も。今後の捜査が注目される。