【スポンサーリンク】

大阪小6女児誘拐 伊藤容疑者のある行動に「大きな謎」の声が

 大阪市の小学6年の女児(12)を誘拐したとして、未成年者誘拐容疑で大阪府警に逮捕された栃木県小山市の職業不詳、伊藤仁士容疑者(35)の行動が大きな反響を呼んでいる。

 

 女児は母親(38)が17日午前11時ごろに自宅からいなくなっているのに気づき、母親が携帯電話にかけたが電源が切られた状態でつながらなかった。夜になっても帰宅しなかったため、午後10時ごろ住吉署に届け出た。府警は19日までに住吉区内の防犯カメラ映像を確認するなどしたが、有力な手がかりは得られていなかった。しかし、23日午後1時30分頃、女児が小山市内の交番に現れ、「30歳ぐらいの男の家から逃げてきた。別の女の子が家にいた」と話したという。県警が午後4時20分頃、小山市内にある男の家で、男と少女を発見した。少女も目立った外傷などはないという。 

f:id:imp0201:20191026180950j:plain

 メディア報道によると、伊藤容疑者は今月10日ごろからSNSで女児とメッセージをやりとりし、14~15日ごろ、女児に「半年くらい前にうちに来た女の子がいる。話し相手になってほしい。うちに来ない?」と誘い出したという。17日、伊藤容疑者が女児の自宅近くの公園に行き、一緒に電車で栃木の自宅に連れて帰ったという。ネット上では、「この犯人、なんでもう1人を呼ぼうと思ったのかそこが大きな謎。1人だけより2人監禁した方が足がつくリスクが高い。何が目的だったのだろうか」、「男の行動は狂っているとしか思えない。今まで監禁事件はあったけど、2人を同時に監禁するというパターンは珍しいのでは。常人の発想では理解できない」などのコメントが。今後は警察の取り調べが行われるが、犯行動機など伊藤容疑者の供述が注目される。