【スポンサーリンク】

なぜ?少女を車に乗せた誘拐容疑で逮捕に、「犯人がかわいそう」の声が

 熊本県警は10日、住所不定、自称代行運転手の男(55)を未成年者誘拐容疑で逮捕した。男は取り調べに対し、男は「誘拐とは思わなかった」と供述している。

 

 メディア報道によると、男は7日午後、玉名市内の商業施設で、1人でいた少女に「家まで送るよ」「ご飯を食べに行こう」などと声をかけ、車に乗せて誘拐した疑い。男は施設から約3キロ離れたところで少女を車から降ろした。2人に面識はなく、少女の母親が通報して事件が発覚した。

 

 ネット上では、「誘拐…に当たるの?未成年の子がいくつなのか知らないが、中学生や高校生ぐらいの年齢なら、意思表示は出来るよね?普通。無理矢理乗せられた訳でもないみたいだし…声掛けられて車に乗る方もどうなのかな?」、「これが誘拐になるなら親切心とは、なんでしょうか?私は、度のつくお節介です。捕まっても他人も大事にする心は失いたくない。性善説は、あり得ないとは思いますが、是非是非皆、そうであって欲しいと願います」、「これは犯人がかわいそう。善意で車に乗せて少女に対して嫌がるような行為もしていない」など逮捕に疑問の声が。

f:id:imp0201:20200908115037j:plain

 一方で、「商業施設にいたのだから、わざわざ送る必要性も感じないうえに、ご飯食べに行こうだから、親切ではなく下心でしょう。だからこそ誘拐とされたのでしょう。3キロ離れた場所も、被害者の自宅とは書いていないでしょう。もちろん、知らない人を親切に乗せることはやめた方が良いとは思いますが、この事案とは全く異なります。この事案は、今だからではなく昔からずっと、当然に誘拐だと思います」という反論も見られた。