【スポンサーリンク】

ホテルで無銭宿泊の男 室内から消えて発見された「場所」に驚きの声が

 ホテルで宿泊代や飲食代など計3万円以上を支払わなかったとして、札幌市北区、自称会社員の男(33)が詐欺の現行犯で逮捕された。

 

 各メディア報道によると、男は8月19日午前4時ごろから20日午前11時ごろまでにかけ、札幌市白石区のホテルに滞在したにも関わらず、2泊分の宿泊費と飲食代など計3万3400円を支払わずに無銭宿泊したとして、詐欺の現行犯で逮捕された。

 

 男がチェックアウトの時間を過ぎても退室しなかったため、ホテルの担当者が何度も男の部屋に電話しましたが応答がなく、直接部屋を訪ねたところ、室内に姿がなかった。しばらく経って担当者が室内を再度確認したところ、脱衣所の天井にある「点検口」に不審な点が見つかり、ふたを外して内部を確認したとろ、天井裏に男が潜んでいるのを発見した。男の所持金は30円ほどだったという。

 

 ネット上では「潜んでいてもいずれはそこから出なくてはならない。どこ経由で屋外に出るつもりだったのだろうか。ホテルは基本的にフロントという検問を通らないと出られないのだが」、「見つけた人、マジでびびったろうな」など男が天井裏に隠れていたことに驚きの声が。

f:id:imp0201:20200530102751j:plain

 また、「どうせ金がなくて2泊で33400円に泊まるなら、もっと安いところで10泊くらい泊まっておいた方が長い事いることができたのに!」、「自称会社員で33歳で30円しか持ってないって‥留置所でゆっくり休んで下さい」という指摘も見られた。