【スポンサーリンク】

秋篠宮家と宮内庁に逆風が 週刊誌のある報道に、「破談を望む」の声が

 小学館が運営するニュースサイト「NEWSポストセブン」が、秋篠宮家の長女、眞子さまの婚約内定者・小室圭さんについて、宮内庁関係者から正月に「帰国しないでほしい」という要望があったと報じた。

 

 同誌によると警備関係者の話として、「宮内庁側から、“帰国しないでほしい”との要望があったそうです。相変わらずマンション内での監視カメラ警備や周辺の見回りは続いています。しかし、本人の帰国となるとSPによる身辺警護が必要になる上、厳かな雰囲気で迎える令和皇室の初めての年始行事に水を差すことになりかねない。帰国しても、眞子さまにお目にかかる機会がないこともあって、お正月の帰国は見送ったのでしょう」というコメントを紹介している。小室家は家族間のトラブルで借金問題が報じられ、一昨年2月に結婚延期が発表されるなど、今後の結婚について事実上の白紙状態となっている。

 

 ネット上では、「破談して欲しい。秋篠宮家が破談を決定し公にすれば国民の多数は安堵すると思う。眞子内親王には辛い決断だろうが、このまま進んでも未来は明るくはならないと思う」、「簡単に破談と言えない秋篠宮さまと宮内庁のお立場お察しします。国民のほとんどは破談を望んでいます」などの書き込みが目立つ。

f:id:imp0201:20200106113052j:plain

 また、「交際期間にそもそもクリアすべき内容であるはずなのに、あのような御披露目会見をしてから異を唱えるのもどうかと思います。交際をスタートするにあたり自分の大切な娘と釣り合いが取れているかは確認出来たはずです。小室さんも身のほど知らずですが、宮内庁職員があれほど配置しながら調査に動こうとした動きがなかった事も違和感を覚えます。もう令和に入った事だし早く解決して欲しいです」など宮内庁に批判の書き込みが目立つ。小室圭さんだけでなく、宮内庁、秋篠宮家に対する風当たりは強い。今後の動向が注目される。