【スポンサーリンク】

ZOZO前澤社長 宮迫会見のツイート謝罪後も「余計な一言」で再び炎上

 ZOZOの前澤友作社長が、吉本興業から契約解除された雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮が20日に行った謝罪会見についてツイッターに投稿。批判のコメントで炎上状態となったことを謝罪し、発言の真意を説明したが、その後のInstagramで投稿した文章が反感を買い、再び炎上する事態となった。

 前澤社長は宮迫らの謝罪会見後に、「宮迫さんの会見ちょっと見たけど、神妙な顔して謝罪してるのになぜかくすっと笑ってしまった。存在や佇まい自体が面白いキャラ確立してるって凄いことだよな。まだまだ活躍する人だなって思った」と投稿。さらに、「会見場の雰囲気やライティング、お二人のメイク、事務所の暴露話、どれをとってもしっかり作り込まれているように感じた。とても反省はしているんだろうけど、このお二人、いろいろ諦めていないと思う」とつぶやいた。


 会見について「作り込まれている」などと分析したことなどから、「謝罪している2人に対して失礼」など批判的な意見でネットが炎上する事態に。お笑いタレント・有吉弘行の「目立たぬように はしゃがぬように 似合わぬことは無理をせず」のツイートを引用し、「炎上するたびに身に沁みます」と反省のツイートを綴った。

 

 21日朝には、「ただ謝るだけでなく、事務所とのやり取りなど真実を伝えようとする会見でのお二人の真摯で反逆的で諦めない姿を見て、まだまだ活躍して欲しいと応援のつもりでツイートしたんですが、伝わりませんでしたね。すみません。」とコメントの意図を説明して謝罪して騒動が収束したかに見えたが、再びあるコメントで波紋を呼んだ。その後に、インスタグラムで投稿から24時間で消えるストーリー機能を使って「イライラしてる人多いなー 笑って過ごしましょう 天気悪いから?選挙の日だから?」「土日くらいなんも考えずボケーッとしたい」と書き込んだことに、批判の矛先が向いた。

f:id:imp0201:20190607012212j:plain

 ネット上では、「謝ったあとに、ストーリーという一定の時間が過ぎると消えるものに『イライラしてる人多いなー』と書き込むのは男らしくない。みんながイライラしてるからあなたに意見した訳じゃなくて、きっとちゃんと理由があって意見したんだと思います。それを自分の発言のせいではなく、そもそもその人がその時に機嫌が悪かっただけ!で済まそうとしてる時点で悪いと思って謝罪したわけじゃなくなっちゃいますね」、「本当に反省してるのか非常に疑問。失言1回なら悪意無く口が滑った可能性もあるけど、それを更に煽るような発言をするなら故意にやっているということ。宮迫も亮も吉本の社長も落ち度があるとはいえ、みんな進退や人生をかけて事態に向き合っている最中。それなのに他人のトラブルを利用して目立とうという気持ちが少しでもあるなら経営者としての資質に大きな問題があると思う。ZOZOの評判も更に下がりかねない」など不快感を示すコメントが殺到した。

 

 Instagramに書き込んだコメントに深い意味がなかったかもしれないが、ツイッターで反省の意を示したことが本意だったのかを疑う声が多かった。