【スポンサーリンク】

生後2か月の男児に傷害容疑で逮捕された母親に、「大きな疑問」の声が

 大阪市内の病院で、生後2か月の長男に対して“別の人物の血液”を口から入れて嘔吐させたとして、大阪市住之江区に住むアルバイトの女(23)が傷害の疑いで逮捕された事件五翁反響を呼んでいる。女は容疑を否認している。

 

 メディア報道によると、女は今年2月と3月に、発熱で病院に入院していた当時生後2か月の長男に対し、長男以外の血液を口から入れ、嘔吐させた疑い。長男は入院中に血を20回以上吐いたが、そのすべてが女との面会中に起きていたという。警察は子どもをわざと病気にしてウソの申告をし、看病する自分に周囲の関心を向けさせる虐待の一つ「代理ミュンヒハウゼン症候群」の疑いもあるとみて慎重に調べているという。

 

 ネット上では、「よくわからないですが、他人の血液をどのように入手したのか、他人の血液など飲ませればなんらかの感染症のリスクもあるだろうし、嘔吐もするでしょう。何のためにそんなことをしたのか、理解不能です。まだ産まれたての赤ちゃんに、よくそんなひどいことができますね。母親には精神疾患があったのでしょうか?だからといって無抵抗の赤ちゃんに何をしてもいいわけではないでしょう。院内で起こったというのも、恐ろしさすら感じます」、「20回以上となると、それなりの量になるが、どこでその血液を手に入れたのか?病院側も入院中の事なんだからもっと早く気づけなかったのか?今後この子どもはどうなるのか、親の元に戻されてしまうのか、気になる」など疑問の声が。

f:id:imp0201:20200518183439j:plain

 また、「ミュンヒハウゼン症候群は、子どもや周りの人に危害か加わるから怖い。自分ではなく、自分の大切な人を傷つけて治療させて、それを見守る自分に満足する心の病だけど、なんでこうなったかきちんと調べないと、どんどんひどくなるからね」、「タイトルだけ見た時は宗教かなと思ったけど、お母さんの年齢も若いし、代理ミュンヒハウゼン症候群の可能性も納得できる。認定されると虐待扱いになって、引き離されるんだろうか。子供は母親を選べないから辛すぎる」という意見も見られた。