【スポンサーリンク】

空き巣150件で逮捕 男の呆れた供述に「近年まれに見るバカ」の声が

 8月10日未明、東京・立川市の梱包関係の会社事務所に侵入し、ノートパソコンなどを盗んだとして、自称「関西のルパン」こと、小松浩道容疑者(46)が窃盗などの疑いで逮捕された。都内の質店などで盗んだ貴金属などを売っていたことから浮上したという。


 小松容疑者は住宅や事務所を狙い、空き巣をおよそ150件繰り返していたとみられる。アニメの「ルパン三世」になぞらえて自らを「関西のルパン」と自称し、「関西でやりすぎたので、華のお江戸に来た」と容疑を認めているという。

f:id:imp0201:20190920165024j:plain

 ネット上では、「自称でルパンってカッコ悪すぎ。刑務所でルパン、ルパン言われて、からかわれるんだろうな」、「近年まれに見るバカ。きっと脱獄はできないだろうから、ご愁傷さまです」、「ルパンを名乗っているならまたやるな。反省の色もなさそうだし、むしろ笑っている。一生牢屋にぶち込めばいい」などの書き込みが。「怪盗とコソドロを一緒にするな」と不快感を示す意見もみられた。