【スポンサーリンク】

球界に衝撃 巨人の坂本、大城がコロナ陽性判明に、「ある疑惑」の声が

 巨人は3日、坂本勇人と大城卓三が新型コロナウイルスのPCR検査を受け、陽性判定が出たことを発表した。

 

 記者団に対応した球団の説明によると、全91選手、首脳陣、スタッフら総勢約220人に希望を募り、希望者全員について5月29~31日までに希望者218人全員の採血を実施した。ところ、選手やスタッフ計4人について、新型コロナウイルスの感染後に回復したことを示す「IgG抗体」が確認された。このためその4人は2日の夕方にPCR検査を実施。坂本、大城について陽性判定の連絡が3日にあり、管轄の保健所に連絡した。

 

 2人の新型コロナウイルス遺伝子量は微量で、正常値ぎりぎりの「微陽性」にあたる上に、回復を示す「IgG抗体」を持っていることから、専門家からは2人ともに感染から回復した後、かなりの時間がたっているとの見解を得ているという。2人は入院し、4日以降に保健所の指導に従って連日PCR検査を実施し、陰性が確認でき次第、チーム合流を目指す。

 

 2人は3月下旬以降、体調に何も問題なく、味覚嗅覚の異常も感じていないという。検査から2週間前にさかのぼって日常の行動確認をしたところ、坂本は5月29日に友人と昼食をとった以外、大城は5月28日にチームメート2人と2時間で夕食をとった以外、外食も夜の外出も一切していないという。

 

 プロ野球は3か月遅れとなる6月19日の公式戦開幕に向け、前日2日に練習試合を再開。巨人は東京ドームで西武戦を行い、坂本は「4番・ショート」、大城は「7番・キャッチャー」でスタメン出場していた。3日も東京ドームで西武との練習試合が予定されていたが、開始約1時間前に巨人が中止を発表した。

 

 現在、坂本と大城2人との濃厚接触者は保健所が特定を急いでいるが、球団としては「1メートル以内で15分以上会話をした」を中心に26名について3日にPCR検査を実施。これ以外の1軍メンバー、スタッフなどについては4日にPCR検査を実施するという。

 

 ネット上では「衝撃だな。とにかく感染経路を特定してほしい。大城は昨日キャッチャーやってたし、西武の打者たちとはかなりの至近距離にいたことになるよね。感染が拡大しないことを願います」、「まさかの主力2人…びっくりです。シーズンの今後の見通しはまた立たなくなりました。開幕を楽しみにしていましたが、今年は開幕できなかったとしてもしかたないと思っています…」など驚きを受けたコメントが。

f:id:imp0201:20200603192051j:plain

 また、「主力選手だからダメージがデカい!誰が悪いとかは無しで6.19は厳しいかな……まずは坂本、大城にはしっかり休んでもらい、巨人、西武PCR検査すべきです。ライオンズは一塁で山川が間違いなく濃厚接触してるから2週間後が心配」、「バッテリーを組んで同じボールを触り合った菅野、坂本、大城が打席に立ったとき近くにいた森友哉、日本を背負う侍JAPAN選手が濃厚接触者。とにかく開幕より感染ルートを明確にしてNPBにこれ以上蔓延しないことを祈ります」など他の選手への感染拡大を懸念する意見も多く見られた。