【スポンサーリンク】

長男刺した元農水次官 「この父親は悪くない」と情状酌量求める声が

 東京都練馬区在住の元農林水産省事務次官 熊沢英昭容疑者(76)が包丁で無職の長男・英一郎さん(44)の胸などを自宅で刺したとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された事件で、ネット上で熊沢容疑者に情状酌量を求める声が上がっている。

 

 メディアの報道によると、英一郎さんは自宅に引きこもり生活の状態が続いていて家庭内暴力をふるうこともあったという。また、朝日新聞は熊沢容疑者が警視庁の調べに対し、「小学校の運動会の音がうるさい」と話していた長男を注意したと説明している。「迷惑をかけたくないと思った」と供述していることを報じている。

 

 ネット上では熊沢容疑者に同情して罪の軽減を求める声が多い。「この父親は悪くない。息子が悪い。父親は切羽詰まったのだと思う。我慢の限界に来たと思う。裁判所は執行猶予付きの判決を出して欲しい」、「法や常識ではやっちゃいけないことですが、心情的には理解できない話ではないですね。運動会の音がうるさくないはずもなく」などの意見が。

f:id:imp0201:20190602183107j:plain

 ただ、息子の命を奪ってしまったという手段については許されることではない。熊沢容疑者が思い悩んでいたことは間違いないだろうが、「お父様は、さぞかし優秀な方でしょうから、世間的なダメ息子とは、多分理解し合えないでしょうね。お父様も息子さんも辛かったと思いますが、他に方法はあったはず」「熊沢英昭容疑者は究極の選択だったと思う。息子が家族に暴力を振るい、もしかしたら、次は世間に迷惑をかけるかもしれないという思いで。普通の親なら子どもを自らの手で、殺めたいとは思わない。もっと相談できる場所がなかったのだろうか?」という書き込みも多くみられた。子供が引きこもりで悩んでいる親は少なくない。行政も取り組んでいるが、官民を超えた支援策が必要になってくるだろう。