【スポンサーリンク】

熊田曜子「昨日の夕食も食べてもらえず」と告白も…SNSで発信に批判の声が

 タレントの熊田曜子(37)が18日までに自身のインスタグラムを更新。夕食を写真付きで公開したが、夫に食べてもらえなかったことを明かした。


 熊田は過去のインスタでも「朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理。食べるって言ったのに」など夫が手料理を食べなかった愚痴をこぼしていたが、今回も同様の内容だった。「ふるさと納税の返礼品で頂いた牛肉」を使い、「牛肉のしぐれ煮 冷やしトマトのマリネ 枝豆 とうもろこし 蒸かしさつまいも コーンスープ じゃがいもチーズ焼き オレンジ」という夕食を公開。「次女はモリモリ食べてくれたよ 長女からは『お魚が良かった~』って言われちゃったから明日はお魚にしよう」と綴った後に、ストーリー機能を更新。「昨日の夕食も食べてもらえず 今夜は会食があるみたいだから この料理をどうにかしないと」と夫が食事を食べなかったことを明かした上で、ラップをかけた料理の写真を投稿した。

 

 熊田の投稿に「食べてもらえないのはストレスが溜まりますよね」、「モラハラ旦那のストーリーは辛い」と同情的な声が寄せられているが、ネット上では熊田が夫に対して手料理を食べないことをSNS上で公開することに疑問と批判の声が多い。「熊田さんの投稿だけ見ると旦那さんが悪者に感じますが、家庭のことは家族にしかわからないんだから安易に載せるべきじゃない」、「旦那さんの食事を作らなければいいのに。著名人がSNSに載せる内容ではないよね」という指摘が。

f:id:imp0201:20190618194448j:plain

  夫も仕事の都合など熊田の手料理を食べられない事情や言い分があるかもしれない。「私が旦那だったらウンザリする。関係悪化しても食べたくない。会食があるのわかってて作るなよって思う。知らなかったら前の日聞くとかもう何年も夫婦してるんだから食事は外でとるとか帰宅が遅いのわかってるんだから作ってこれみよがしに置かれていたら嫌味に感じてします。自分に酔ってるだけ」と夫を擁護する書き込みも見られた。