【スポンサーリンク】

営業続けるパチンコ店で窃盗事件 逮捕された男の「盗んだもの」に驚きの声が

 高知南署は2日、新型コロナウイルスの感染予防用のアルコール消毒液を窃取したとして住所不定、自称大工の男(64)を窃盗の疑いで逮捕した。

 

 メディア報道によると、男は4月26日午後3時45分ごろ、高知市内のパチンコ店の手洗い場にあった消毒液1本(時価2000円相当)を盗んだ疑いがある。「感染予防のため」と容疑を認めている。店で買おうとしたが、手に入らなかったとの趣旨の話をしているという。

f:id:imp0201:20200503103846j:plain
 ネット上では、「つっこみどころ満載!感染予防の為、自粛要請に従わない人がたくさん集まるパチ屋に行くのもおかしいし、パチ屋に使える金があったらアルコールなんて多少高くてもネットで買える。それをしないと言うのは依存度が高いって事」、「本当に最低だな。こんな日本に誰がしたのか。何が道徳教育をないがしろにしたのか。試験科目に道徳を入れて欲しいよ」などの呆れた声が。また、「窃盗犯に罪があるのは当然だが、この環境下で営業しているパチンコ店もどうなの。自分たちの行為を棚に上げて、いちいち警察に届け出る程の話なのか」と休業要請が出ているにもかかわらず、営業を続けるパチンコ店に批判的な意見も多かった。