【スポンサーリンク】

韓国の結婚式では新郎が土下座も 日本と異なるしきたりやマナーとは

 男女が永遠の愛を誓う結婚式。隣国の韓国では日本と異なるしきたり、マナーが数多くあることに驚かされる。以下は韓国の結婚式で伝統的に行われている風習や習慣だが、知らない人も多いのではないだろうか。

 

・新郎が土下座

韓国の結婚式では新郎新婦がそろって両家の親に対して土下座を行う。新婦はドレス姿のためしなくても大丈夫だが、新郎は行うのが通例だ。この儀式は「큰절(クンジョル)」と呼ばれ、韓国語で「大きい」という意味である「크다(クダ)」と、「お辞儀」という意味である「절(チョル)」を組み合わせた言葉だ。結婚式だけでなく韓国で古くから伝わる挨拶として墓地の前や親戚に対しても行われる。

・招待状は必要ない

韓国でも日本同様に招待状を送る習慣はあるが、式場で出欠席を取ることがないため、招待状がない人でも参列できる。韓国では結婚式は多くの人数で盛大に祝ってもらいという考えがあるため、新郎新婦と面識のない人が参加することも珍しくない。また、服装も日本ではネクタイを締めたスーツやドレス姿が多いが、韓国では大半の参列者が普段着とラフな格好で参列するのが一般的だ。

 

・ご祝儀が安い

日本はご祝儀が3万円が相場とされているが、韓国は安い。現地通貨で約3万~5万ウォン、日本円にすると3,000~5,000円程度で、親しい関係の場合は5,000~1万1,000円程度を渡すこともあるという。また、日本のように参列者がご祝儀袋を用意する習慣はなく、「ご祝儀」と書かれた白い封筒が受付に用意されているため、参列者はその場でご祝儀を袋に入れて渡すことが多い。銀行口座への振り込みと言う形でご祝儀を渡すことも。結婚式当日に参列できなかったり、新郎新婦へ直接ご祝儀を渡したいという考えによるという。

 

・ブーケを取っている人が決まっている

日本ではブーケを受け取る人が次に結婚できるという言い伝えから、新婦が投げるブーケトスを未婚の参列者が欲しがるが、韓国ではブーケを受け取る人はあらかじめ決まっているという。「ブーケを受け取ってから半年以内に結婚しないとその後6年間結婚することができない」という迷信があるからだ。そのため、近々結婚しそうな友人に「ブーケをもらって欲しい」と結婚式の前に話を通しておくことが一般的になっている。 

f:id:imp0201:20190429210822j:plain

 

・食事はビュッフェ形式

韓国の結婚式は30分~1時間と短く、日本のように結婚式の時間帯に食事をしながら楽しむ習慣はない。参列者は結婚式後、挙式会場に隣接した会場でビュッフェ形式の食事を堪能する。料理は韓国料理、寿司、中華料理など多彩なレパートリーが並ぶ。中でも、縁起物で定番となっている料理がそばだ。長い麺をすすることで、二人の幸せな結婚生活が末永く続きますようにという願いが込められている。新郎新婦が同席するケースは少なく、座る席は自由だという。食事を終えたら自由解散する。