【スポンサーリンク】

韓国製診断キット名を「独島」請願に、中国で大きな反響が

 新型コロナウイルスの感染を検査するための韓国製診断キットの名称について、韓国が領有権を主張する「独島(日本名・竹島」にしてほしいとの請願が、韓国大統領府のホームページに寄せられ、30日現在で32万人を超える賛同が寄せられている。

 

 韓国のメディア報道によると、請願は25日に掲載され、「世界各国でわが国が新型コロナを克服した模範事例と認識」されているとした上で、キットを「独島」という名称で輸出すれば、「地球を守る守護神として独島のステータスを大きく高めるのに役立つ」と主張している。

 

 韓国では6時間以内に感染を判定できる診断キットを導入したことで、迅速な検査が可能になり一定程度成功したと評価されている。請願の賛同が30日以内に20万人を超えると、政府が公式に回答する規定になっており、文政権の対応が注目されている。

f:id:imp0201:20200226103420j:plain

 このような動きに、日本では「喧嘩を売っているとしか思えない。コロナが終わっても入国規制の継続を望む」、「やったらホントにいけないことと、やっても許されることの区別が分からない連中。前からこうだったけど、進歩がないね」など怒りの声が殺到している。また、中国のネットユーザーからも大きな反響が。「今は日本を挑発しているような場合ではない。みんなで協力し合いながらコロナウイルスと戦わなければいけないのに、なぜこのような不要なトラブルを起こすのか」、「韓国の国民の神経が理解できない。わざわざ日本の神経を逆なでするような必要はないだろう」など韓国国民のこの請願に対して批判的な意見が目立った。