【スポンサーリンク】

なぜ?韓国国会議長が謝罪した鳩山由紀夫氏のツイッターが炎上

 訪韓中の鳩山由紀夫元首相が韓国の文喜相国会議長とソウル市内で会談。文国会議長が天皇陛下(現上皇さま)を「戦犯主犯の息子」と呼び、元慰安婦への謝罪を求めた発言について、心を痛めた方たちに申し訳ないと伝える」と謝罪の意を示した。鳩山氏は自身のツイッターにネットニュースを張り付けて投稿したが、非難のリプライが多い。

 

 鳩山元首相は今月12日にソウルの延世大で講演。「日本は戦争で傷つけた人たちや植民地にしていた方々に対し、『もう、これ以上謝らなくてもいい』と言ってくれるまで、心の中で謝罪する気持ちを持ち続けなければならない」という持論に、ネット上では反論の声が多かった。今回の投稿についても、「それって、上皇さまにきちんと謝罪したんですか?違いますよね?? そんなの謝罪とはいえませんよ鳩山さんは、韓国や中国への忖度ばかりで、日本の国益を守る意識は全くないからなぁ。相変わらずですね。」、「鳩山さんに言っても何にもならない。日本政府に対して謝罪しないと謝罪した事にはならない。日本と韓国はもう終わりに近い。G20参加国で唯一会談が行われない国家になりそうだね」 、「貴殿へ謝罪されても、日本国民には全く関係ありません。 影響力ゼロ。 むしろパフォーマンスにしか無い」と非難の書き込みが多い。

f:id:imp0201:20190406164255j:plain

 また、韓国のメディアが「文国会議長は『韓国には韓国の立場があり、日本には日本の立場があるという点に共感した。心を傷つけられたのであれば、申し訳ない』という趣旨だと説明し、発言を撤回したわけではない」と報道していることから、「韓国ではこんな報道をされているのに…本当に謝罪されたの?」と疑問の声も。「非があればお互い謝罪し、認め合うところから友好は始まりますね。 韓国の議長さんも立派だと思います。 友好第一!」など高評価のリプライは少なかった。