【スポンサーリンク】

相手が激怒することも 韓国で絶対に言ってはいけない日本語

 普段の日常会話で使う日本語を海外で何気なく使ったら差別用語や悪口になり、相手が激怒する経験をした人がいるのではないだろうか。今回取り上げるのは韓国で言ってはいけない日本語だ。韓国はハングル文字を使用した朝鮮語を母国語とする。日本語では全く意味に問題のない言葉でも、ハングル語では無礼になる言葉を紹介しよう。

 

・ジャージ

日本で「ジャージ」はトレーニングウェアを指すが、韓国で「자지(ジャジ)」は男性の性器を表す言葉になる。男性はもちろん女性の前でこの言葉を言うと、相手が不快に思うので避けた方が良いだろう。


・ちょっと

日本では通り過ぎる人を呼び止める時や、「少し」と同じ意味合いで使うことが多いだろう。だが、韓国で좇(チョッ)は男性器を意味する。금(ト)は「も」と解釈されるため、「男性器も」という意味になる。相手を馬鹿にする時に使う言葉なので無用な誤解を防ぐためにも、「ジャージ」と同様に使わない方が良い言葉だ。

 

・欠席(けっせき)

日本語では学校を休んだ際などに使われるが、韓国語で개새끼(ケセキ)は「犬畜生」という意味になる。相手を蔑んだ言葉で、声を掛けられた方は挑発的な発言と受け止めてトラブルになる危険性も。

 

・縛る(しばる)

日本語で「縛る」は紐や縄で巻き付けて動かないように固定する意味で使われるが、씨발(シーバル)は英語の「F✖CK」に近い意味を持ち、개새끼(ケセキ)と同様に相手に対する挑発的な言葉として受け止められる。

 

・愛し(あいし)

日本語で「愛し」という言葉はなかなか使わないが、「愛してる」という言葉は意中の人に伝える際に使うだろう。この時に語尾の「てる」も韓国ではしっかり発音した方が良い。韓国語で아이시(アイシ)は腹が立った時に使う言葉で、「あーもうムカつく」、「マジふざけんなよ!」という意味になるので要注意。

f:id:imp0201:20190404172055j:plain