【スポンサーリンク】

韓国人YouTuberが日本行き航空券を破り捨てる動画に、ある疑問の声が 

 韓国人YouTuberで「大陸男(テリュクナム)」と名乗る男性が8日、「135万ウォン(日本円で約13万円)の日本チケットを破りました。本当の不買運動とはこういうことだ」というタイトルで、日本行きの航空券を破り捨てる動画を投稿した。


 男性は韓国内の空港に到着すると、自動チェックイン機で航空券を発券。空港内のベンチに座り、「日本に1週間滞在する予定だった」、「日本旅行を1か月前から計画していた」と明かした後に、その場で航空券を破って床にまきちらした。

 

 この動画は韓国だけでなく、日本でも配信されて大きな反響を呼んだ。だが、コメント欄を読むと怒りより冷静なツッコミが多い。特に目立ったのが「本当の不買運動とはこういうことだった」という動画タイトルへの疑問だった。「ん?予約や購入手続きして結局行かず、お金も払わずドタキャンしたって言うなら多少なりともそのお店や会社にはダメージは行くと思うけどチケットを持ってるって事は購入してるから、それを使用せず破るってただ単に自分のお金を破ったのと同じじゃない…?自分(このユーチューバー)しか損してないけど大丈夫なんだろうか」、「不買?購入している時点で不買ではないですよね…」と矛盾を指摘する書き込みが。

f:id:imp0201:20190712170445j:plain

 また、「自動チェックイン機から発券されるのは搭乗券であり、何度でも再印刷可能ですけどね。航空券自体はEチケットだから、紙媒体は控えしか存在しない。つまり、破ったあと再印刷して搭乗することも出来るし、払戻すことも出来る」という指摘も。韓国のネット上では、「愛国心に拍手」「日本旅行に行かないことが日本にとって一番のダメージになる」など男性の行為に賛同する意見が多かったが、日本は冷淡な反応が大多数だった。