【スポンサーリンク】

自殺か?韓国の「女性アスリート」死亡に、日本で大きな反響が

 京畿道広州警察署は1日、前日午後9時40分ごろ、広州市内の自宅でコ・ユミンさんが亡くなっているのが発見されたと発表した。韓国メディアの発表によると、元チームメイトがコ・ユミンさんに電話したが出ないため自宅を訪れたところ、自宅でなくなっているのを発見し、警察に通報したという。警察は外部からの侵入をはじめ犯罪の疑いがない点から、コ・ユミンさんが自殺を図ったものと判断しているという。

 

 コ・ユミンさんは韓国の現代建設で活躍していたが、今年3月上旬にチームを退団し、韓国バレーボール連盟はコ・ユミンさんの任意脱退を公示していた。

 

 日本のネットユーザーからは、「この人ほんとに怖かった。素晴らしいパワーヒッター。彼女の力に頼るところはあったのに何があったのか国の宝だったはずなのに…」、「自殺と知って、すぐに三浦春馬さんを思い出しました。何故、自ら命を…理由はどうであれ、辛い出来事ですね。相談できる相手がいなかったのか…解決できる方法がなかったのか…色々な事が悔やまれますね」など大きな反響が。

f:id:imp0201:20200518183439j:plain

 また、「若い人が自ら命を絶つニュースが続くね。お国や人種、関係なく辛いことだわ。死に至るまで、相当な苦しみがあったとも思う。思いに思い詰めたのだろうけれども、その苦しみに、どう寄り添ってあげたらいいのか術がないけれども、お願いだから踏み止まって。どうか逃げ道を見つけて。たくさんの人が悲しむよ」など国籍を問わず、若者が命を絶つことを憂うる書き込みも多かった。