【スポンサーリンク】

韓国教授「日韓通貨スワップ必要ない」に、中国で「心配の声」が

 韓国・建国大学経済学科のチェ・ベグン教授が3日、「韓日通貨スワップをする必要はない。日本円は国際市場でそれほど魅力的ではない」と発言して大きな反響を呼んでいる。

 

 チェ教授は同日にtbsラジオの番組に出演。韓国政府の通貨スワップ締結戦略に対する質問に「日本がもっと残念な状況であり韓国が残念な状況では全くない」としてこのように話した。01年に締結された日韓通貨スワップは外交対立により、15年に終了した。チェ教授は日韓通貨スワップが必要ない理由として、日本経済の沈滞と、ウォンに比べ円の切り上げ比率が低い点を指摘。「3月20日以降ドルが大きく価値を下げているがウォンはその間に6%上がり、これに対し円は4.5%にすぎない。日本円が国際市場でそれほど魅力的でないことを示す」と語った。また、「日本の4-6月期成長率はまだ発表されていないが前年比マイナス21%と予想している」と日本経済の沈滞も一因に挙げた。

f:id:imp0201:20200601105413j:plain

 日本のネットユーザーからは、「経済の教授でこの認識、どれだけ頭が悪いんだ。まあ大統領でもあの程度だから、似たようなもんだけど。成長率だけでものをみれば米国は30%以上の減少だから、円以上に魅力がないということになるが。成長率の高い途上国通貨の方が魅力的ということかな」、「日本国民もスワップ再開は絶対反対。お互いに意見は一致した。今さら、彼の国の人間に実態を理解させる必要はない。日韓議連も暗躍するスワップはどんなことがあろうが、絶対に再開させてはならない」などの反応が。また、中国のネット上でも話題になり、「韓国が日本のことを上から言える経済状況なのだろうか。日本が韓国とスワップできないのが残念な状況というのもちょっと意味が分からない」という指摘が見られた。