【スポンサーリンク】

韓国大学教授「慰安婦は強制連行ではない就職詐欺」に、日本で「不安の声」が

 大学での講義中に日本軍慰安婦を「売春の一種」と発言して懲戒を受けたリュ・ソクチュン延世大社会学科教授(65)が、日本の月刊誌「Hanada」8月号に寄稿文を載せて波紋を呼んでいる。

 

 同誌によると、リュ教授は1か月の懲戒処分を受ける原因となった19年秋学期の「発展社会学」の講義の状況を綴った。「問題になった講義のテーマは、『植民地支配を受けた経験をどのように評価するか』であった」とした上で、「学界では、この時期を収奪を受けた時代と評価するが、近代化が進んだ時期という解釈も共存している」と述べた。そして、韓国が日本に対して否定的な評価をしていることを説明するために、「農地、米、労働者、女性に関する説明を例に挙げた」とした。

 

 リュ教授は、日本が韓国米を奪ったのではなく、お金を払って買って行ったとし、「韓国の若い女性たちが、慰安婦となったことも公権力が強制連行・拉致した結果ではなく、民間売春業者らに就職詐欺の被害を受けたものと見なければならないと説明した」と持論を展開した。

f:id:imp0201:20200630110422j:plain

 この寄稿文に日本のネットユーザーからは「こういうバランスの取れた考えを持っている人も韓国にいるんですね。ただ韓国国民には間違いなく受け入れられず、身の危険を感じると思います。安全な場所に避難してください」、「リュ教授のこういった考えが最も韓国で受け入れられてほしい。でも現実にそれは無理でしょう。韓国で住み続けるのは難しいと思います。心配ですね」などリュ教授の身の安全の案じる指摘が多かった。