【スポンサーリンク】

韓国憲法裁が慰安婦巡る訴えを却下も…日本国内は「意外な反応」が 

 韓国の憲法裁判所は27日、韓国人元慰安婦が15年末の慰安婦問題を巡る日韓合意は韓国憲法に違反するとした訴えを却下した。

 

 韓国の通信社・聯合ニュースの報道によると、一部の元慰安婦らは「最終的かつ不可逆的」な解決を確認した合意について、「人間の尊厳と価値、外交保護権、財産権などを侵害された」として16年3月に憲法裁に提訴していた。文在寅政権はすでに合意を形骸化させている。

f:id:imp0201:20191225113946j:plain

 このニュースに、Yahoo!ジャパンのコメント欄では、「これで解決したと考えないほうがよい。個人的な訴えはずっと続くだろう」、「今は騒いでくれるなってだけでしょ。また、時期が来れば認めるような発言が出るよ」、「ほう、よかった!とは素直に思えない。今はちょっと静かにしてて、って事ですよね」など冷ややかな反応が。「まぁ、経済的に厳しくなってきたからなぁ…また、日本に援助をたかる必要があるから騒ぎを起こしたくないのでしょうね」、「裁判所の決定はあまり支持率には影響がないという感じなのだろう。これ以上日本を刺激して、国際社会からの孤立を防いだ判決だな」という見方もあった。