【スポンサーリンク】

「NO JAPAN」なのに…韓国の旧正月で日本が旅行先1位の理由とは

 テレビ東京のニュース番組「ワールドビジネスサテライトで24日に「韓国 旧正月 旅行先 日本1位 なぜ?」という企画を放送し、大きな反響を呼んでいる。同放送は旅行予約サイト「Agoda(アゴダ)」を引用し、韓国人に人気の旧正月連休の旅行先は国別で日本が1位だったという。都市別でも2位・福岡、7位・東京、9位・大阪よ10位圏に3都市がランクインしていた。

f:id:imp0201:20200127112128j:plain

 日韓関係の悪化により、昨年下半期は日本製品の不買運動や日本への観光を自粛するよう呼びかける運動が韓国国内で行われていたが、年が明けて変化が見られる。銀座に来ていた韓国人観光客に話を聞いてみると、日本に対して好意的な意見が多い。20代女性は「昨年は日本に行きづらかったけど、今年はその抵抗感が薄れている。個人的には日本は大好き。治安も良いし、他の国より近くてご飯もおいしい。もっと行きやすい環境になってほしいですね」と話せば、家族で都内に観光に訪れたという50代男性は「日本は物価も安いし、街も清潔で人が優しいから安心して家族を連れてこられる。日本人の方であまり韓国人を良く思っていない人がいることは当然知っているし互いの政治背景を考えれば仕方ないと思う。でも接してくれる日本人は優しいから気にならないよ」と笑顔を浮かべていた。