【スポンサーリンク】

「NO JAPAN」運動の影響は? 訪日韓国人観光客数に大きな反響が

 韓国紙・中央日報によると、8月以降に韓国を訪問する日本人観光客数が日本を訪れる韓国人観光客数を上回ったという。韓国を訪れる日本人観光客数が日本を訪問した韓国人観光客数を追い抜いたのは14年6月以来5年ぶりだ。

 

 韓国観光公社と日本政府観光局が29日に明らかにしたところによると、8月の訪韓日本人観光客数は32万9652人で、同じ月の訪日韓国人観光客数30万8730人を超えた。また、こうした逆転傾向は8月以降も4カ月連続で続いている。韓国を訪れる日本人観光客数は前年同期比で10月が14.4%、11月が13.8%減少しているが、それ以上に日本を訪れる韓国人観光客数の落ち込みがひどい。8月が48.0%減、9月が58.1%減、10月が65.5%減、11月が65.1%減と前年より大幅に減少している。

f:id:imp0201:20191229105138j:plain

 この現象にYahoo!ジャパンのコメント欄では、「大体人口比率で考えると、韓国人が日本に来すぎ。日本から韓国に行く人が多いのは本来なら当たり前ですが、韓国に魅力がないから近くてもあまり行かないだけだっただけ。日本人からすれば通過の弱い国に行くとお買い得感があるから、観光客が増えたのでしょう。ウォン安はまだ、始まったばかり、日本人以外にも観光客は増えるでしょう」、「(韓国は)不買運動しているのに30万人以上が(日本に)来ているんですね」など様々な反応が。両国政府の関係が冷え込んでいる状況が、民間交流にも影響を及ぼしている。訪日、訪韓観光客が減少している状況は気がかりだ。