【スポンサーリンク】

韓国の高校生が反日教育に抗議した集団行動 日本では「ある懸念」の声が

 韓国ネットメディア・WoW!Koreaの報道によると、ソウル・仁憲高校の在学生150人がソウル教育庁に、「学校の監査」を要求する請願を22日に提出したという。韓国の高校生が学校の「反日教育」に対して抗議した史上初の集団行動で、日本国内でも大きな反響を集めている。

 

 同メディアによると、学生らは政治に偏った教師たちが校内行事の時、学生たちに「日本の経済侵略、反対する、反対する」「安倍の自民党、亡びる、亡びる」などを叫ぶように強要していたと話した。学生たちは「学校で行われている価値観と良心の自由を抑圧する教職員の行動は学生の人権を踏みつぶす暴挙」と問題提起。「先生はチョ・グク法相の疑惑関連ニュースは全てフェイクニュースだと言っていた」「授業中に文大統領が嫌だと話したが、先生は大統領が好きなのに、君はもしも極右なのか、などと言っていた」などの証言も出ているという。

 

 集団行動で抗議した生徒たちは3年生が中心になっている理由については、「恥ずかしいが、今まで大学入試に影響が及ぶ『生活記録簿』の記載が終了することを待っていた。記録簿は教師が作成するので、何等かの不利益があり得たので、3年生に対する記録簿の記載が終了した今になって、ようやく抗議が出来るようになった」と話しているという。

 

 ネット上では、「素晴らしい!韓国にも気骨のある若者がいるんだな。彼らの主張から彼の国の教育の一端が垣間見えるが、このような反日教育がなくならない限り、未来志向の関係が築ける筈がない。現在、韓国の首相が来日しているが、関係の改善を望むならまず貴国の教育環境を改善した方が良いと思う」、「とてもいいことだと思います、日本が好きだとか嫌いだとかは関係なく自分の国が世界的に正しい未来に向かっているのか間違っているのかを冷静に考えて間違えていれば異論を唱えていけばいいと思う、このような若い人達が増えていけばいいと思うそうすれば二、三十年後には日本とも前を向いて本当の友好が構築されるかもしれません、そんな未来が来れば良いですね!」と学生たちの行動を称賛する声が。

f:id:imp0201:20191023071502j:plain

 一方で、「君らの行動力はすごいと思う。しかし、今の現状では不利益な扱いを受けるでしょうからあまり無茶はしない方がいい。正しいか正しくないかさえ判断できればそれでいい」、「高校生たちが不利益を被らないか心配。生活記録簿の記載が終了しているということだけど、教員たちに目をつけられて進学に影響するかもしれない」と心配する声もあった。