【スポンサーリンク】

韓国人が「ヘル(地獄)朝鮮」と評価する割合に、「凄い数字」の声が

 韓国女性政策研究院の第119回性平等政策フォーラム発表資料「若者観点のジェンダー葛藤診断と包容国家のための政策対応策研究:公正認識に対するジェンダー分析」によれば、19~34歳の若者10人のうち、8人は韓国社会を「ヘル(地獄)朝鮮」と評価し、7.5人は韓国を離れて暮らしたいと回答した。また、35~59歳の既成世代では、韓国社会をヘル朝鮮と見る人は10人中6.4人、韓国を離れたいと答えた人は6.5人だった。この研究は、19~59歳の国民5000人を調査した。

 

 日本国内ではこの調査結果に大きな反響が。Yahoo!ジャパンのコメント欄には、「国の未来を担うべきは国に絶望している75%も含んだ若者のはずなのに、悲しい国だと思う。他国相手に強請など働いてないで、国民の暮らしに目を向けるべきだと思う。…日本も、他人事じゃない」、「75%…すごい数字ですね。日本を気にしてる場合じゃないくらい絶望的な状況だと思いますが。こんなにたくさんの若者が自分の国を棄てたいと思っているのに出生率など上がるはずもありません。愛国だの売国だの集会開いて騒いでいる意味が解りません」などの書き込みが見られた。

f:id:imp0201:20191214114409j:plain

 一方で、「別の記事だと自国が『好きだ』が6割台、『暮らしやすい』が8割だったよね、たしか全世代だったと思うけど。なんか、統計調査って難しいんだろなぁ、って思った」、「不思議な結果ですね?韓国が好きって住みやすいって先のアンケートで凄い率を出していて、それでこれですか?やはり韓国。何が本当か判らない」と指摘する意見も。日本は住みやすい国だろうか。同様のアンケートをしたら意外な調査結果が出るかもしれない。