【スポンサーリンク】

池袋暴走事故初公判 89歳被告が無罪主張に、韓国でも大きな反響が

 昨年4月、東京都池袋で旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(89)が運転する乗用車が暴走して通行人を次々とはねて母子が死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた飯塚容疑者の初公判が東京地裁(下津健司裁判長)で8日行われた。

 

 検察側は冒頭陳述で、被告は前の車に近づき過ぎたために車線変更を繰り返し、アクセルを踏み間違え加速、母子に衝突したと指摘した。被告は「心からおわび申し上げます」と謝罪した上で、「アクセルペダルを踏み続けたことはないと記憶している。車に何らかの異常が発生し、暴走した」と起訴内容を否認し、無罪を主張。弁護側は被告に過失はないとした。

 

 ネット上では「アクセルとブレーキの踏み間違いだろう。踏み間違えて停止線をはみ出して側面衝突で二人を即死させたのとどこが違うのだろう?少なくとも被害者二人は無実であることは明白だ。ふつうはふさぎ込むのに堂々と白を切る態度に検察はどこを見ているのかね???車のせいにできるのなら、交通事故は全部が車のせいだ」、「ご遺族の無念、胸中を思うと辛い。高齢者が安心して、運転出来る車を作れと、自身には責任が無いと傲慢な言い分、この方の自宅に貼られていたメッセージの文言を見ても、身内も価値観が一緒だから、裁判では是非、歩行も覚束ない高齢者の運転を野放しにし、取り返しのつかない事故を引き起こした家族にも何らかの罪を!この事件、事故をきっかけに年齢制限、能力制限の必要性を議論して欲しい。後期高齢者の私が思います」など怒りの声が。

f:id:imp0201:20201008201119j:plain

 また、韓国のネットユーザーからも「被告が上級国民と特異な注目をされているが、まさかの無罪を主張。韓国でも官僚、政治家、エリートと一般人では犯罪を犯した時に扱いが全く違うから裁判の行方は注目だ」、「トヨタのせいにしているが損害賠償に動いても不思議ではない。それぐらいの大きな事案だ。無罪を主張しているが、韓国ではかなりの厳罰になるだろう」と大きな反響が見られた。