【スポンサーリンク】

小池都知事再選で韓国紙の「ある報道」に、「暴言で不快」と怒りの声が

 東京都知事選で小池百合子知事が再選したことについて韓国紙、朝鮮日報は6日、小池氏が関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式における都知事名での追悼文の送付を取りやめたことなどを紹介し、「(東京で)嫌韓ムードが続く見込みだ」というタイトルで批判的に報じた。また、リベラル系紙のハンギョレも小池氏を「極右」だと指摘。今後、日本の政界で「影響力が大きくなるだろう」と警戒感を示した。

 

 ネット上では「小池都知事で『極右』とか言ってたら本当の極右はどうなるのか…少なくとも、本当に嫌韓派ならとっくにソウルとの姉妹都市は破棄してる。傾国にとっての中立ってどの辺の人なのだろうか?」、「日本第一党の桜井氏が都知事になったらまだしも、小池都知事が極右だとは大間違い。だが、都政はこれで極端な左傾化は避け安定都政にと向かうと思う。韓国は日本や東京が左になり韓国に従順になり"彼らの思うようになることを強く希望する"だろうが、そうは行かない」など批判的なコメントが。

f:id:imp0201:20200601165811j:plain

 また、「なぜ嫌韓とか極右とかそんな言い方しかできないんだろう。もはや暴言で不快です。韓国紙のその姿勢が日本を遠ざけていることを理解した方がいい」という意見も見られた。