【スポンサーリンク】

韓国でパニック障害患者が急増…指摘される「ある原因」とは

 健康保険公団は23日、昨年のパニック障害の患者は15万9428人で、14年の9万3525人に比べて1.7倍の水準まで増えたことを発表した。特に20代のパニック障害患者は、14年の7848人から昨年は1万8851人と、2.4倍。この5年間で20代のパニック障害患者の年平均増加率は24.5%で、全ての年齢層の中で最も高かった。

 

 韓国紙・朝鮮日報の報道によると、国民健康保険一山病院精神健康医学科のパク・ソンヨン教授は「最近、20代中盤から後半の患者がパニック障害のせいで病院を訪れるケースがかなりある」として「就職ストレスに加え、親しい友人とのいざこざ、両親の小言など、別々のストレス要因が重なることでパニック障害が生じるケースがある」と語っている。

 

 一方、パニック障害の患者が最も多かったのは40代。昨年は40代の患者が3万8825人で全体の24.4%と最も多く、50代が3万3057人で20.7%、30代が2万9530人で18.5%と続いた。20代の患者の割合は11.8%だった。

f:id:imp0201:20191128070727j:plain

 日本でも精神疾患で医療機関にかかっている患者数は、近年大幅に増加している。厚生労働省によると、14年は392万人、17年は400万人を超えた。内訳として多いものから、うつ病、統合失調症、不安障害、認知症などとなっており、 近年はうつ病や認知症などに著しい増加がみられるという。日本、韓国はこの現状に対して国、自治体、企業、学校が連携して対策に取り組んでいかなければいけない。