【スポンサーリンク】

韓国・鄭斗彦元議員が日本製品不買運動に反対も、日本国内の反応は… 

 日本の半導体材料の輸出管理強化措置に韓国国内で反発の声が高まる中、韓国の鄭斗彦元議員が日本製品不買運動に対して反対の姿勢を表明した。

 

 鄭元議員は12日に韓国CBSのラジオ番組に出演。「(韓日の対立が)チキンゲームに進んではいけないのに、チキンゲームにしきりに追い込もうとする政界の人たちがいて心配」と懸念を口にし、「乗用車とトラックが互いに向かい合って走っているのにどちらの被害が大きいだろうか」と呼びかけた。経済規模で韓国を乗用車、日本をトラックになぞらえ、両国の対立が続いた場合は韓国が受けるダメージの方が強いと訴えた。

f:id:imp0201:20190613215630j:plain

 韓国各地で起きている日本製品不買運動についても「反対する。反日感情をいま掲げる時ではない」と強調し、「話にならないのは韓国製品もみんな日本の機械で作り日本の設備で作る。国産品は日本を抜いたら作れない」と理由を説明。「親日感情をあおったり、いや、あおるというよりも親日感情を掲げるとか、そうでなければ反日感情をあおるとかいうことは気を付けるべきこと」と警鐘を鳴らした。さらに解決策にも言及。「強制徴用者賠償問題は韓国が国内的に解決するから日本は侵略と強占に対する不法性を認めろとしていかなければ。その上で折衝しなければならない」と語った。

 

 日韓両国の関係改善へ、鄭元議員が日本製品の不買運動に反対の姿勢を主張したが、ネット上では冷ややかな反応は多い。「韓国側は反日教育までして、日本と仲良くやろうと言う気持ちがないのだから、これ以上付き合っても、意味がないと思います。韓国の方の中にも、親日派の方はいると思いますが、もうこんな状態では、子孫に負担をかけることになるので、もう韓国とは付き合いたくないです!」、「結局、日本と仲良くしなければと言うんじゃなくて、不利益になるのが韓国の方が多いいから、日本がなければって話で、友人関係にならなければと言う論調はどこにもない」などの指摘が。また、鄭元議員が「日本は侵略と強占に対する不法性を認めろとしていかなければ」と発言したことについて、「不法性を認めるわけがない。その時点でお話にならない。日本製品の不買運動に反対とか良いことを言っているのにがっかり。反日教育で歴史認識が全く違うので分かり合えないと思います」という書き込みも見られた。