【スポンサーリンク】

韓国野党代表が「天皇即位式に文大統領の出席提案」も、日本国内の反応は…

 正しい未来党の孫鶴圭代表が今月22日に開かれる徳仁天皇の即位式で、文在寅大統領に出席を提案した。

 

 韓国紙の報道によると、孫代表は11日に開かれた国会最高委員会議で、「天皇の即位式が韓日関係改善の突破口になり得る」とした上で、「文大統領が日本の徳仁天皇の即位式に直接参加することを提案したい」と語った。

 

 また、「文大統領が天皇の即位式に参加して韓国国民の温かい祝いを伝えれば、日本国民の心を精一杯溶かすことができるだろう」と分析。「そうしたら安倍晋三首相の姿勢も変わるだろう」と日韓関係が改善する可能性を口にした。さらに、「韓国が先に日本に賠償に関連した金銭的要求をしないと宣言し、韓国政府が賠償問題の責任を負うと発表する一方で、日本には過去史問題に対して心を込めて謝罪することを要求すべきだ」と指摘した。

f:id:imp0201:20191011163741j:plain

 ネット上では孫代表の発言に反発の意見が目立つ。「来なくていいです。これは政治的な場ではないです。したがって日韓関係の改善には何もつながりません。日韓を改善したければ、どうすればいいかわかっているでしょ?問題の解決は韓国国内で対応できることです」、「何を言っているのか…日本人の心情を察してほしい。国民みんなが厳粛な気持ちで見守る式典に、反日の象徴が参加するなんて、嫌がらせ以外の何ものでもない」と不快感を示すコメントが多かった。