【スポンサーリンク】

韓国紙「日本が韓国の反日拡散に驚いた」報道に、日本国内の反応は…

 韓国大手紙・中央日報が、韓国で反日ムードや日本製品不買運動が広がっていることに日本国内で驚きの反応が出ていると報じた。

 

 日本の半導体材料の輸出管理強化により、韓国国内で反日感情が高まり、日本製品不買運動、日本への観光自粛を求めるデモが起きている。同紙は日本の知識人や外交専門家と接触したという韓国高官がインタビューで、「韓国から非常に激しい反応が出てくると大いに驚いたようだった。(日本国内の様子は)『これは何だ』という雰囲気だ」と明かしたことを伝えた。

 また、同紙は日本のメディアが、韓国国内で起きている日本製品不買運動や日韓自治体の交流断絶、一時中断が連日報道されていることに言及。30日付の朝日新聞に、「日本政府による対韓輸出規制の強化などを受け、日韓の自治体交流の中断や延期が広がっている。韓国では日本製品の不買運動が続いており、訪日旅行者数も激減」、「出口の見えない政府間のにらみ合いが、経済や文化、スポーツの領域にも悪影響を及ぼしている」と日韓関係の悪化を懸念する記事が掲載されたことを詳細に報じた。

f:id:imp0201:20190730204222j:plain

 ただ、中央日報の報道に対し、ネット上では異論を唱える声が多い。「なぜ、正しく韓国内に伝えないのか不思議。私たちは驚いていないし、あの国から観光に来なければ大切な文化財を汚損される心配もなくて嬉しいと思っている人はとても多い」、「どなたが驚かれているのでしょう。ここ10数年の韓国の様子を見ていたら、こうなるのは当然だし、いつもの事だと一般人は呆れはしても驚きはしていないでしょう」など韓国国内の反日運動が想定内であるという意見が大部分を占めた。また、「驚いたが中身が違う。こんなに幼稚な民族とは知らなかった。日本人のような理性と品性を持ち合わせていないのか改めて驚いた」という指摘も。韓国で盛り上がる反日ムードとは対照的に、冷淡な意見が多かった。