【スポンサーリンク】

国内で酷評の韓国代表新ユニフォーム…日本では「意外な反応」が

 大韓サッカー協会(KFA)が6日に発表した新ユニフォームが大きな波紋を呼んでいる。アウェーユニフォームが、男女ともに白虎柄があしらわれた残新なデザインで、KFAは「アウェーユニフォームは白虎模様が特徴。背番号や腕章は太い金色だ」と説明している。

 

 このユニフォームに韓国国内では、「なぜこんなダサいユニフォームにした?」、「シマウマと牛肉霜降り。センスを疑う。前の方がはるかに良い」など批判の声が殺到しているが、日本では意外な反応が。「このユニフォームはきちんと『デザイン』されていると思います。色の好みとか、どのチームが着る物なのかっていう偏見は抜きにして、デザインとして有りだと思う。翻って、日本代表のユニフォームはダサい。未だに見慣れることもなくいつまでも新鮮さを失わずダサい。日本代表のほうが一万倍ダサい」、「他の方も書いていますが今の日本代表より全然マシ。これで酷評するなら今の日本代表のユニは世界でどう評価されているのか怖くなる。あー恥ずかしい」、「個人的には、好き。ジーンズなどとコーディネートもできそう。日本より全然いい」など迷彩柄の日本代表のユニフォームより評価する意見が多い。

f:id:imp0201:20200205023214j:plain

 一方で、「日本に続き、韓国、お前もか?(笑)誰が決めたか知らないけど、アジアはセンス無いなぁ?素直にカッコ悪い!恥ずかしい!日本も韓国も、ユニフォームで目立つんじゃ無くて、プレーで目立って欲しい!って思うのはオイラだけ?」、「シマウマの方は確かにダサい。日韓戦が違う意味で楽しみになった。サッカーの国代表公式戦と思えない色彩お化けの画面になりそう」という書き込みも。ファンの不評を買った両国のユニフォーム。国際試合で結果を出すことで印象が変わるか。