【スポンサーリンク】

習近平氏の訪韓が早期実現で合意に、日本で「韓国は迷走状態」の声が

 韓国の徐薫国家安保室長は22日、中国外交統括役の楊潔※(※竹カンムリに褫のツクリ)共産党政治局員と南部・釜山のホテルで会談した。韓国のメディア報道によると、新型コロナウイルス感染拡大以降で中国高官の訪韓は初めて。習近平国家主席の訪韓に関し、「コロナの状況が安定し、条件が整い次第、早期に実現する」ことで合意したという。

 

 報道によると、楊氏は21~22日の日程で訪韓。22日午前から約4時間会談した後、2時間近く昼食を共にした。徐氏が会談後、記者団に「幅広く、非常に良い対話をした」と語ると、楊氏は「かなり良い話をした」と応じ、友好ムードを演出したという。

 

 この会談は日本のネット上でも大きな反響を呼んだ。「むしろ、こういうのは明確にしてくれが助かる。アメリカ大統領が変わる可能性を想定するなら。米、民主党政権は、伝統的に日本に厳しく、韓国に甘いのだよ。韓国が中国よりであることを明確にして、GSOMIA終了宣言をしてくれたら、いくら民主党政権でも、とは思う」、「中国からしたらこんなおいしい国はないよ。欧米に距離を置いてくれて、表向きは民主主義なのに北にすり寄る。香港台湾にも距離的にも近く、利用価値もある。更に大統領がとんでもない外交音痴ときてる。条件揃い過ぎて、レッドチーム入りしない方がおかしいレベル」などの意見が。

f:id:imp0201:20200823072617j:plain

 また、「相変わらず韓国は右へ左へ迷走状態が続いていますね。韓国が中国との経済関係強化がなれば、米国は韓国への経済制裁に踏み込む事になると思います。米国からのスワップ支援を受けていながら中国よりの経済政策をとることを米国は野放しにはしないでしょう」という指摘も見られた。