【スポンサーリンク】

韓国メディアが日本の次期首相に熱望する「意外な人物」に、中国人から反響が

 安倍首相が電撃辞任し、次期首相は菅義偉官房長官が最有力という見方が強い。その中で、韓国紙・中央日報はポスト安倍に言及した記事で、菅氏が首相になった場合が「基本的姿勢に変化はないだろう」、岸田文雄政調会長は「安倍氏に比べると歴史問題などで少し柔軟な場合もある」と予測した。一方、石破茂元幹事長については「アジア外交全般に対する基本的姿勢の変換を期待する余地が残っている」と期待感をのぞかせている。

 

 石破氏については韓国で好意的な見方は多い。ネット上では「石破氏は慰安婦問題で謝罪続ける姿勢が重要と言っている。彼が首相になれば日韓関係は良い形に変わるだろう」、「菅氏は安倍首相の考えを継承しているから韓国への強硬な姿勢は変わらないだろう。石破氏が日本の首相になればお互い建設的な会話ができて友好的な関係を構築できると思う」と次期首相に熱望する声が目立つ。

f:id:imp0201:20200813080121j:plain

 この状況に日本のネットユーザーからは「もう日韓関係はだれが総理大臣になろうが改善することはありません。なぜならば韓国の大統領をはじめ国会議員のほとんどが反日を唱えていますからね。今度、邦人企業の資産を現金化した時が最大のチャンスとして国交を見直して貰いたいです」、「こちらの次期首相を心配する前に自国の大統領を心配した方が良いのではないか?対韓国政策は現状、誰が総理大臣になってもそんなには変わらないはずだ対日政策は大統領次第なので自国を変化させるのを考えてみればまぁ、変わらないと思うが」など冷ややかな意見が。また、中国人のネットユーザーからも「中国から見ても文大統領に対する日本の不信感が強い。日本の首相が誰に変わっても関係が簡単に良くなるとは思わない」という指摘が見られた。