【スポンサーリンク】

韓国メディアが中国サッカーを痛烈批判に、日本国内の反応は…

 韓国・釜山で開催されているE-1選手権で15日、韓国-中国が行われる。連覇に向けて負けられない一戦を前に、韓国メディアのスポーツソウルが中国サッカーを痛烈に批判した記事が大きな反響を呼んでいる。

 

 10日に行われた日本-中国の試合内容が影響しているのだろう。日本が2-1で勝った試合で、前半31分に起きたラフプレーが物議を醸した。日本代表MF橋岡大樹とハイボールを競り合った中国のDF姜至鵬がジャンプしながら足裏を前に向けると、橋岡の頭部を直撃。苦悶の表情でしばらくうつぶせに倒れこんだ。姜はイエローカードを受け、橋岡はその後もプレーを続けたが、「危険なプレー。レッドカードで1発退場のプレー」と日本だけでなく中国のメディアからも批判の声が上がった。

 

 スポーツソウルは中国を「少林サッカー」と揶揄。「日本戦で殺人タックルが横行した。通常のタックルは相手の攻撃を阻止するためボールに向くが、日本戦では、日本の選手たちの足首に向かって深く入っていた」と指摘した。さらに、「中国が韓国に対して伝統的にコンプレックスを持っている」と分析し、「彼らは韓国に長い間勝利できていないことから『恐韓症』という言葉まで出てくるほどだ」と主張した。15日の中国戦に向け、「なによりも中国が粗く出てくることは明らかだ。中国の厳しい守備を全身で受け入れなければならないことになる」とラフプレーを警戒した。

f:id:imp0201:20191214204111j:plain

 「Yahoo!ジャパン」のコメント欄では、「韓国も中国のことを言えるほどクリーンなサッカーをしているだろうか」、「ラフプレーについて中国も韓国には言われたくないと思う」などの書き込みが。また、「少林サッカー対テコンサッカーだね。お互い負傷者がどれだけ出るだろうか」というコメントも少なくない。「テコンサッカー」はアルゼンチンの世界的名選手だったディエゴ・マラドーナが同国の監督として指揮した10年の南アフリカW杯で発言した造語で、韓国の伝統的な格闘技「テコンドー」とサッカーを組み合わせて危険なプレーに警鐘を鳴らした。15日の韓国-中国はクリーンなサッカーを期待したい。