【スポンサーリンク】

韓国首相のある発言に、「会えば会うほど話がこじれる」と怒りの声が

 韓国紙・中央日報によると、李洛淵首相が7日午前、国会予算決算特別委員会全体会議で、張済元自由韓国党議員が「韓日対話に関する各政府の発表に大きな温度差がある」と指摘に対し、「日本の発表は国際的基準に合うと見ない」と述べた。続いて、「日本側は対話の内容も紹介しなかった」とその理由を明らかにしたという。

 

 李首相は「私も安倍首相と会ったが、会った後に両国の発表文を見ると、我々の発表文は私と安倍首相の発言が6対4程度だが、日本外務省は95対5程度で自己中心的な発表をした」と指摘。「日本は対話の内容について韓国側に尋ねてほしいと話したという。穏当なことだとは思わない」と批判した。また。日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄に関しても「日本が7月以降に取った韓国に対する不当な経済措置を撤回すれば、我々もGSOMIAを再検討できるという立場に変化はない。方法がない」と語ったという。 

f:id:imp0201:20191105171508j:plain

 ネット上では、李首相の日本政府批判について怒りや反発の声が。「GSOMIAの件も全てが日本に問題があるとのロジックなので全く話にならない。国民世論に合わせて態度をコロコロ変え約束を守らない政府と、どんな交渉をしても意味がない事を我々は学びました。これからも、ぶれる事のない一貫した毅然たる対応で日本の姿勢を示す事が一番大切だと思います」、「対話モードになりかけていたが、この批判で通常対立に逆戻り」、「やはり会っても意味がない、ということだけが明確になりました。会えば会うほど話がこじれます」など不信感を露わにするコメントが大多数だった。また、「発表する双方の発言の比率に国際的基準があるの?自分達がよほど取り上げるに値しないこと言っている自覚を持つべきですね」という指摘も。李首相の一連の発言は、日韓両政府の関係に影響を及ぼしそうだ。