【スポンサーリンク】

韓国系団体がベルリンに慰安婦設置で、中国人から「意外な反応」が

 ドイツのベルリンで28日(現地時間)、韓国系の市民団体「コリア協議会」が設置した「平和の少女像」の除幕式が開かれた。ドイツに慰安婦像が設置されたのは、今回が3回目。ベルリン市の関係者はTBSのインタビューに対し、「ベルリンは公共の場所での芸術に対してとても開放的だ」として、この少女像を「芸術作品として設置を許可した」と伝えた。

 

 この動きを受け、加藤勝信官房長官は29日の定例会見で「(慰安婦像の設置は)わが国の政府の立場や今までの対応と相反している」とし「極めて遺憾なことだ」と批判。「政府は(慰安婦像の)撤去のために、多様な関係者にアプローチして、わが国の立場を説明するなど、引き続き力を注ぐ」とした上で、「これからも国際社会で正当な評価を受けるよう、努力する」と強調した。

 

 ネット上では、「何が極めて遺憾、だよ。慰安婦少女像なんて全くの大嘘だろうが。ちゃんと世界に向けて大嘘、と強い言葉で言えよ」、「もうそろそろ、遺憾砲だけでなく、慰安婦合意違反、てことで、具体的な実害ある制裁を加えてもらいたいですね。いつまでも、良い子ちゃんの対応では、ずっと舐められっぱなしですよ」、「在ベルリン日本大使館は何をしていたんでしょうね。きちんと反論するように大使館にメールをしよう。大使館にも政府にも、ただ撤去を要請したり遺憾の意を伝えるのではなく、理論的に反論してもらいたい。そうでないと相手側は納得しない」など大使館、日本政府の対応に不満の声が。

f:id:imp0201:20200929200958j:plain

 中国のネットユーザーからは「日本は自分たちが犯した歴史を直視すべき。政権が変わっても謝罪し続けなければいけない」、「韓国の市民団体の行動は理解できる。歴史は忘れられてしまうものではなく、世界に語り継ぐ必要がある」という意見がある一方、「日本政府はこういう時いつも弱腰だから屈してしまう」、「中国がもし日本の立場で同じことをされたら激怒して制裁を下すだろう。日本の政府は対応が生ぬるいね。国民が納得するのだろうか」という指摘も見られた。